子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<②実践編>

子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<②実践編>

 リモートワークが普通になったことで可能になった働き方、「ワーケーション」。でも、働き盛りのご家庭には、小さなお子さんがいるケースも多いですよね。そこで・・在宅百貨メンバーで、親子ワーケーションに行ってみよう!という話が持ち上がりました。思い立ったが吉日、考えるより行動に移すのが在宅百貨の良いところ。3歳・4歳・5歳の子供達を連れてのワーケーション、果たして成立するのでしょうか!?

今回は、親子ワーケーション企画のvol.2、実践編をお届けします!

<①構想編>をお読みになってない方は、こちらをどうぞ↓
子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<①構想編> -

子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<①構想編> -

子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<①構想編> -

リモートワークが普通になったことで可能になった働き方、「ワーケーション」。でも、働き盛りのご家庭には、小さなお子さんがいるケースも多いですよね。そこで・・在宅百貨メンバーで、親子ワーケーションに行ってみよう!という話が持ち上がりました。思い立ったが吉日、考えるより行動に移すのが在宅百貨の良いところ。3歳・4歳・5歳の子供達を連れてのワーケーション、果たして成立するのでしょうか!?

<初日>

編集長のカミヤマです。
「時は来た!」と、橋本真也風に言いたくなるくらいには緊張した朝です。

ゆうと(5歳男児・年長)と2人で旅行に行くのも初、子供が満員電車に乗るのも初、家以外でお泊りするのもほぼ初・・
集合場所である東京駅に着くまでに「帰りたい」と言われる可能性もあるぞ?とか、「かあちゃん来ないの?」と言われるとか、満員電車で「トイレ~」と言われるとか、とか・・
あれやこれや心配9割の状態で満員電車に揺られ、どうにか東京駅に到着しました!

8:40~(東京駅から熱川へ移動)

AM8:40に東京駅の改札前に集合した3家族。
東京駅9時発の「踊り子3号」に乗車します。

JRの場合、幼児(未就学児)は乗車無料ですが、さすがに2時間半ひざの上というわけにもいかないため、乗車券と指定席券を購入しました。(大人の半額です)
「踊り子来ました!!!」

「踊り子来ました!!!」

さあ、いよいよ出発です!

電車の中では、母たちがさっそくパソコンを開きます。
カミヤマは、「パソコン画面を見ると酔う」ということを言い訳に、子供にお菓子を振舞ったり、スマホを見たりしています。
さっそく仕事を始めるゆーさん

さっそく仕事を始めるゆーさん

2時間半、長いなぁ・・と思っていたのですが、これは嬉しい誤算で、電車の中では子供たちが意外と大人しくしてくれました。
お菓子を大量に与えたからでしょうか・・
緊張しているのか、子供たちがまだ静かであったことも良かったのかもしれません(笑)
緊張からか、意外と大人しい子供たち

緊張からか、意外と大人しい子供たち

後半はさすがに席を離れてウロウロしたり・・という感じになりましたが、平日で電車が空いていたので事無きを得ました。平日最高!!

・・とにかく、無事熱川駅に到着しました。

11:30~(昼食)

駅近くのお蕎麦屋さんで早めの昼食です。
13時からはWEBミーティングがあるので12:40くらいにはホテルに着きたい。
ホテルまでは徒歩15分、子連れだから25分くらいかかるかな・・
ああ、あまり時間がない!とか言いながらのランチですが、ここも子供たちがモリモリ食べてくれて無事終了。

12:40(ホテルに到着)

熱川プリンスホテルは駅から坂を上ったところにあるホテルで、意外と時間がかかりました。
一生懸命坂を上って到着!
(連絡をすればホテルのマイクロバスに乗せてもらえたと思います・・笑)
手をつないで坂を登るキッズたち(+編集長)尊い…!

手をつないで坂を登るキッズたち(+編集長)尊い…!

チェックインは15時なので、まず仕事用にお借りしたミーティングルームに入ります。
ここがとっても快適(夜は二次会などに貸切も可能になるスペースらしいです!)
子供たちが静かにしてくれることを祈りつつ・・

13:00~(Webミーティングなど)

ホテルのミーティングルームを借りてWebミーティングです。

はるちゃん(むーさん娘)は「海行くの!」と連呼していますが、親たちはそれぞれにミーティングがあるため、事情を説明してその辺で遊んでてもらいます。
こんな感じの広いスペースで快適だが、果たして住み分けは...

こんな感じの広いスペースで快適だが、果たして住み分けは可能なのか?

一瞬ですが、塗り絵に集中してくれました

一瞬ですが、塗り絵に集中してくれました

その後、コクヨの「かおノート」や、持参したおもちゃなども続々投入。ミーティングルームにあるホワイトボードを子どもたちが珍しがって、お絵かきタイムに突入するなど、あの手この手で楽しんでもらえたようです。
ホワイトボードで遊ぶ。壁に書かないか冷や冷やしました(笑)

ホワイトボードで遊ぶ。壁に書かないか冷や冷やしました(笑)

ちなみに、14時からの編集会議ですが、ゆーさんが急遽別件対応のため3人揃わず・・会議にはなりませんでした。
雑務をしたり、子供の相手をしたりで時が経過し終了。

15:00~(海へ)

15時にチェックインを済ませ、さあ念願の海へ!

子どもたちだけでなく、親たちもウッキウキで坂を下ります。
だんだんと近づいてくる海に胸がときめきます!
やっぱいいですねぇ、海は

やっぱいいですねぇ、海は

天気も良く、全員裸足になって大はしゃぎです。

当然のように転んでずぶ濡れになる

当然のように転んでずぶ濡れになる

ずぶ濡れで泣くかと思いましたが、「大丈夫!」と言って平気な顔をしていたところは成長を感じました。

「もっと遊びたい!!」「まだ帰りたくない!!」と何度も言わるのをなだめながら、ホテルに戻ります。

17:00~(部屋で会議?遊ぶ?)

海との往復に思いの外時間がかかったのと、大盛り上がりで長く遊んだのとで、1時間のはずが約2時間を消費してしまいました・・。

改めて3人の編集会議をしようと、部屋で集まって、大人たちが話しあっている間、子どもたちは、かくれんぼで大盛り上がり!

ゆうと:よしくんがオニだね!
はる :よしくん、アタシここ隠れるからドア閉めて!
よし :え・・わかった!(ドア閉める)
ゆうと:それじゃ分かっちゃうよ~ハハハ~
よし :どこかなどこかな・・
はる :ここだよ!(バーン)

といった自由過ぎる展開で、親たちもそれを見ながら大笑いしました。
愉快過ぎるかくれんぼを見て、大笑いする編集長

愉快過ぎるかくれんぼを見て、大笑いする編集長

それからご紹介が遅れましたが、お部屋が広々で何と言っても最高の景色…!

かくれんぼが盛り上がる横での編集会議は最低限の打合せ程度になりましたが、まさに非日常・・ワーケーションの醍醐味を味わった気がしました。
部屋から見える景色は絶景でした

部屋から見える景色は絶景でした

18:30~(夕食と温泉と楽しむ)

そんなこんなで気が付けば、あっという間に夕食の時間です。

夕食はホテルのコース料理・・最高ですねぇ。
伊豆ならではの特選素材をはじめ、稀少な地元産・熱川ポーク、名物の金目鯛特製タレ漁師煮など。 伊豆の海の幸・山の恵みをバランスよく盛り込み、目にも華やかな絶品和食!

そして、子どもたちのキッズプレートがこれまた豪華!みんな食べる手が止まらなくなりました。
ちなみに食事の場所は、広々としたお座敷の個室で、子連れでも安心してゆっくり食事を楽しむことができました。
そして、今回熱川を選んだ理由のもう一つは、何と言っても温泉!
熱川プリンスホテルには、大浴場2つのほか、屋上天空露天風呂や貸切風呂もあります。
きっとみつかる、あなただけの「心地浴」

きっとみつかる、あなただけの「心地浴」

きっとみつかる、あなただけの「心地浴」

その日、その時、あなたにぴったりな心地よさを実感していただけるバスタイムのことを 「心地浴」(ここちよく)と名付けました。

ここの温泉は女性には嬉しい美肌の湯と言われていますので、ママたちはゆっくり浸かりたいと。
子どもと一緒でも、お風呂で癒されることが出来るのでしょうか?

烏の行水、になってしまうのかも・・と思ったのですが、なんと、みかん風呂や露天風呂が楽しくて、子どもたちが大喜び!そして、お風呂場にあったおもちゃもとてもうれしかったようです。むしろなかなか出たがなかった(笑)

大人も子供も思う存分温泉を満喫できる、ここも熱川プリンスホテルのおすすめポイントですね!
「全部お風呂に持ってっていい?」と喜んでいた子どもたち

「全部お風呂に持ってっていい?」と喜んでいた子どもたち

引用元: (写真提供:熱川プリンスホテル)

<二日目>

8:00~(朝食)

疲れ切った子供たちが速攻で爆睡してくれたため、とても平和な気落ちで2日目の朝を迎えました。

ゆーさん・むーさんは、子どもたちと露天風呂での朝風呂を楽しまれたようです。
海を一望できる足湯も最高ですね!

カミヤマは朝風呂というアイディアが無く、普通に寝てました・・・
 (14539)
さて、朝ごはんも昨晩同様、全員揃って個室で頂きました。

釜炊きごはん、地野菜の温泉蒸し(ホテルの源泉を使用されたそうです!)、具沢山の食べるお味噌汁など。平日の朝はいつもドタバタですが、こうしてのんびりできる時間がほんとにありがたい!

一日の始まりから豊かなひとときでした。

9:00~(チェックアウト・始業)

朝食後はチェックアウトを済ませてから、ホテルのラウンジを使わせて頂き仕事をスタートしました。

子どもたちには絵本やおもちゃで遊んでもらい、ゆーさんがオンラインミーティングに入ります。むーさん+カミヤマは子どもたちを見ながら、メールチェックなどの個人作業です。

10:30~11:30(女性陣はイベント参加・編集長ワンオペ)

今回ワーケーションの検証項目のひとつである「③親の休暇」も実現させたくて、ゆーさん・むーさんが熱川プリンスホテルが運営するカルチャーサロン「mizi-cul(ミヂカル)」に参加しました。

ミヂカル公式サイトからイベント予定を確認できますので、今回も事前にワーケーション日程内に開催される「腸内環境改善とリラックス効果の『腸活ヨガ』」に申し込みました。
普段在宅の多い編集部員の二人は、「長時間同じ姿勢をとり続けてしまっている」「子どもを抱っこすると肩が凝ってしまうことも」といった悩みもあって、ヨガイベントを見た時、即参加を決めました(笑)
mizi-cul(ミヂカル)【公式】|LESSON カルチャー・サロン

mizi-cul(ミヂカル)【公式】|LESSON カルチャー・サロン

mizi-cul(ミヂカル)【公式】|LESSON カルチャー・サロン

伊豆の豊かな自然に基づく、”身近なカルチャー”サロン、mizi-cul(ミヂカル)は、『熱川プリンスホテル』が運営する講座内容や講師まで伊豆にこだわった美と健康、ものづくり、伊豆の食、癒しの4分野カルチャーサロンです。

むーさん:当日参加してみたところ、普段することのない深い呼吸とストレッチでカラダの緊張が和らげられて、思わず寝そうになるぐらいリラックスしました。

ゆーさん:なにより、ヨガの会場は、とても広々とした空間で、窓から海が見えます!自然の景色を眺めながらのレッスンは、日々のストレスや疲れが癒されます。

二人一同:カミヤマ編集長が子守りしてくれたおかげです!笑
レッスンの様子

レッスンの様子

講師の天野美紀さんはイギリス発祥のOdakaYoga®︎ 正式指導者であり、インストラクター歴10年。 ・Instagram:https://www.instagram.com/miki_amano ・Facebook:https://www.facebook.com/miki.amamo

むーさん・ゆーさんがホテル主催のヨガイベントに参加している約1時間、その裏では、3人のキッズをカミヤマがワンオペで引率するという、今回の企画最大の難所(?)が!

案の定、母たちがいなくなった5分後には、はるちゃん vs よしくんのおもちゃの奪い合いが勃発!
大泣きしながら「ママどこー!」と叫ぶはるちゃん、絶対に譲らないよしくん・・(笑)
正直「もうダメだ・・1時間とか無理すぎる!」と思ったその刹那・・
ゆうとが「この車で遊ばない?」と自分のトミカを差し出し、はるちゃんのご機嫌は一瞬で直ったのでした。

誇らしげな表情を浮かべるゆうと(5歳)。
「お前、そんなこと出来んのか・・」ということで、我が子の成長を実感した瞬間でした。

その後も、あの手この手で子供たちのご機嫌をとり、永遠にも感じられた1時間でしたが、どうにかこうにか無事に終了しました。

11:30~16:30(ワーケーション@熱川バナナワニ園)

ここから、伊豆熱川駅より徒歩1分の熱川バナナワニ園へ移動。
(熱川プリンスホテルより熱川バナナワニ園へはマイクロバスで送迎もしていただきました♪♪♪)

全員朝ごはんでお腹いっぱいでしたので、昼食を後回しにして、園内を見学することにしました。
 (14553)
約140頭も飼育されているワニたち、そしてレッサーパンダやアマゾンマナティー、さらに約5,000種の熱帯植物、まるで南国の地にいるような異国情緒があふれます。
子どもたちはもちろん、大人までドキドキワクワク。

熱川バナナワニ園にはフルーツパーラーがあり、なんと園内で収穫されたバナナが頂けます!
遅めの昼食後、むーさん・カミヤマがそのままオンラインミーティングに参加、ゆーさんは近くのテラスで子どもたちと遊び、その後全員合流して駅へ。
バナナパフェで時間稼ぎをしつつ仕事をする

バナナパフェで時間稼ぎをしつつ仕事をする

17:00~(伊豆熱川から東京へ)

二日間のワーケーションがあっという間に終盤を迎え、帰りは観光特急列車「サフィール踊り子号」に乗車。全車両グリーン席で少し贅沢ではありますが、周囲を気にせず仕事が出来ることを優先し、6名の個室にしました。
「電車の中にお部屋がある!」と騒ぐ子どもたち

「電車の中にお部屋がある!」と騒ぐ子どもたち

帰り道にも早速パソコン立ち上がって仕事に取り掛かるむー...

帰り道にも早速パソコン立ち上がって仕事に取り掛かるむーさん&ゆーさん

伊豆の海にバイバイ!

伊豆の海にバイバイ!

19:30(東京駅に到着)

無事に東京駅に到着。忙しくも楽しいワーケーションはあっという間に終了しました。

いよいよお別れの時、「バイバイいやだああぁぁぁ!!」と大泣きするはるちゃん。
なんて優秀なリアクションをするんだ君は・・(笑)と思いつつ、後ろ髪をひかれながらそそくさと解散。
どっと押し寄せる疲労感に抗いながら、帰宅の途に就いたのでした。

かくして、あっという間に一泊二日のワーケーションは終了しました。
各参加者は今回の旅で何を感じ、何を得たのでしょうか??
次回<③振り返り編>で詳細に検証します!
続きはこちら↓
<③振り返り編> -子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!

<③振り返り編> -子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!

<③振り返り編> -子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!

リモートワークが普通になったことで可能になった働き方、「ワーケーション」。でも、働き盛りのご家庭には、小さなお子さんがいるケースも多いですよね。そこで・・在宅百貨メンバーで、親子ワーケーションに行ってみよう!という話が持ち上がりました。思い立ったが吉日、考えるより行動に移すのが在宅百貨の良いところ。3歳・4歳・5歳の子供達を連れてのワーケーション、果たして成立するのでしょうか!?

RELATED ARTICLES関連記事

在宅冒険家 vol.5 : 元WOWOWアナが「話す場がない」コロナ禍を経て感じたテレワーク、ワーケーションの可能性

在宅冒険家2023.12.15

在宅冒険家 vol.5 : 元WOWOWアナが「話す場がない」コロナ禍を経て感じたテレワーク、ワーケーションの可能性

各界で活躍する方々のテレワーク、ワーケーション&ライフを深掘りする「在宅冒険家」。 今回は元WOWOWアナウンサーで、2014年には錦織圭選手の全米オープン準優勝の中継を担当した木村英里さんにインタビュー。 木村さんはコロナ禍以降、テレワークやワーケーションを大きく取り入れた働き方にシフトチェンジ。そのワークスタイルの変化や、そもそもコロナ禍の中で感じた等身大の葛藤についてお話を聞きました。