子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<①構想編>

子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<①構想編>

リモートワークが普通になったことで可能になった働き方、「ワーケーション」。でも、働き盛りのご家庭には、小さなお子さんがいるケースも多いですよね。そこで・・在宅百貨メンバーで、親子ワーケーションに行ってみよう!という話が持ち上がりました。思い立ったが吉日、考えるより行動に移すのが在宅百貨の良いところ。3歳・4歳・5歳の子供達を連れてのワーケーション、果たして成立するのでしょうか!?

子連れでワーケーション?ムリムリムリムリ!!

むーさん

編集長、突然ですが・・ワーケーション行きませんか?

むーさん

カミヤマ

いいねぇ、いちど行ってみたいと思ってた!

カミヤマ

ゆーさん

小さい子供のいる親同士で、親子ワーケーションに行ってみたいと思いまして。

ゆーさん
カミヤマ:親子ワーケーション!?ムリムリムリムリ!!とか言っちゃいけないけど・・・無理じゃないかな?(笑)

ゆーさん:いきなり全否定しないで下さい!

むーさん:そうですよ!編集長のくせに。

カミヤマ:いやあ・・うちの下の子は5歳だからまだ良いけど、ゆーさんとこ何歳?

ゆーさん:4歳です

カミヤマ:むーさんとこは?

むーさん:3歳です!

カミヤマ:3歳4歳5歳。こわい・・大騒ぎじゃん(笑)仕事抜きだとしても大変そう

むーさん:編集長のくせにちゃんと話聞いて下さいよ(2回目)

カミヤマ:あはい

ゆーさん:この企画には、とっても高尚な考えがあるんです!

カミヤマ:あはい・・

小さい子供いたら、ワーケーションって行きづらくないすか?

むーさん:そもそも、ワーケーションって「ワーク×バケーション」で、半分は休暇ですよね?

カミヤマ:そだね

むーさん:だったら、子供がいる親は子供を連れて行かないとダメじゃないですか。親だけバケーションで楽しむとか

カミヤマ:たしかに

むーさん:そういうことなんです!!

カミヤマ:たしかに、仕事が絡むとなると、つい子供を遠ざけたくなってしまうところがあるね・・反省

ゆーさん:でも、意外とできちゃうような気もしますよ。私はしょっちゅう子供居ながら在宅ワークしてますし

むーさん:その前向きさ・・好きです!

カミヤマ:まあなにごともチャレンジだしね。出来なさそうなことをやってみることにも意味はある

むーさん:まだ出来なさそうとか言うか・・

カミヤマ:いや・・ただけっこうカオスになるのは間違いなさそう・・(笑)

ゆーさん:ただ仕事をするってだけじゃなく、なにを検証するかが重要ですね

むーさん:その前向きさ・・好きです!(2回目)
 (14589)

オンラインで進め方を議論

参加メンバーの紹介

ということで、急転直下、親子ワーケーションをやってみることになったメンバー(3家族・6人)をご紹介します。

①カミヤマ(編集長・父)
コクヨに入社してはや二十数年だがワーケーションは初めて。
息子(ゆうと)とはよく新宿の本屋に行くが、ふたりでの旅行は初めて。

②ゆうとくん(カミヤマ息子・5歳)
3歳上の兄に比べると、聞き分けがとても良い。趣味はマンガを読むこと。
今回は子どもたちのお兄ちゃん役としての活躍を期待。

③ゆーさん(編集部員・母)
生まれも育ちも中国だけど、マンガが好き過ぎて日本の企業に就職した国際派。
甘えん坊の息子を鍛えるつもりでワーケーションに参加。

④よしくん(ゆーさん息子・4歳)
ひとりっこでお母さんのそばを離れない甘えん坊。
おっとりとした雰囲気だが、「ぶちこわせ!」が口癖のギャップ萌え大臣。

⑤むーさん(編集部員・母)
楽しいこと全般とコーヒーに対し異常なほどの探求心を持つ関西人。
ワーケーションで娘がどう振舞うか不安ではありつつ、深く考えないことにして参加。

⑥はるちゃん(むーさん娘・3歳)
とにかく母大好き。飛んだり跳ねたり歌ったり踊ったり、動きを止めることがない。
カメラを向けた時のポージングは母親譲り。

なにを検証するか

さて次に、親子ワーケーションでなにを検証するのか?を話し合いました。

ゆーさん:基本的には、「親と子供」「仕事と休暇」の4象限で検証してみたいです
 (14571)
カミヤマ:なるほど~

むーさん:「①親の仕事」「②子供の仕事」「③親の休暇」「④子供の休暇」ですね

ゆーさん:まずは「①親の仕事」がどれだけ出来るか(笑)

カミヤマ:そこが最大の課題よね・・これ出来ないと単なるバーケーションになっちゃう(笑)

むーさん:・・・

ゆーさん:・・・子供も放っておけないので、役割分担が必要ですよね

カミヤマ:そだね、頑張ろう!ちなみに、②の「子供の仕事」ってのは無いよね

むーさん:でも、子供は学ぶことが仕事と考えると、ワーケーションを通じてどんな学びがあるか?みたいなことはありそうですよね

カミヤマ:なるほど~、それは確かにそうだ。幼児にとっては大冒険だもんね。

ゆーさん:あと、③と④はほぼ一緒になりそうかも?

むーさん:親だけでのアクティビティとかもあると良いですよね

カミヤマ:あー良いね。良いけども、その間誰が子供たちの面倒を見るのか・・(笑)


ということで、検証項目は下記4項目に設定しました。

 ①大人はどれくらい仕事をできるのか(質・量)
 ②子供たちに学びはあるのか
 ③親は休暇を楽しめるのか
 ④子は休暇を楽しめるのか

どこに行くか

行先については、首都圏から行く前提として下記のような条件を挙げてみました。
(ちなみにむーさんは大阪在住です)

・東京からのアクセスの良さ(電車で2~3時間程度?)
・特急で座っていける(乗り換えは大変)
・ワークの環境がある(ワーケーションに積極的な施設や自治体が望ましい?)
・あんまり混んでない
・のんびりできる(温泉とか?)
・景色が良い


むーさん:海のあるところを希望します!

カミヤマ:まだ泳げないけどね(笑)でもたしかに、山よりは海かなぁ・・景色も楽しめそうだし。

むーさん:あとは、少しでものんびりしたいとなると、やっぱ温泉?

ゆーさん:伊豆の熱川とかどうですか?

むーさん:あたがわ・・どこですか(関西人だから分からない)

カミヤマ:伊豆の熱海と下田の間だよね。海沿いの温泉地で、景色が良さそうな印象。
伊豆 熱川温泉旅館協同組合【公式】

伊豆 熱川温泉旅館協同組合【公式】

伊豆 熱川温泉旅館協同組合【公式】

伊豆にある熱川温泉は、東京から約2時間の温泉場です。温泉やぐらがたくさんあり、湯煙が温泉街を包みます。海に面した旅館もたくさんあり、伊勢海老などの料理も美味しい温泉です。観光スポットは、駅から徒歩10分の熱川YOU湯ビーチ、熱川バナナワニ園、みかん狩り・いちご狩り農園、ハーブ園などがあり旅行にも最適です。伊豆急行線の伊豆熱川駅下車。

ゆーさん:熱川プリンスホテルさんと、別件で協業したことがあるんです。ワーケーションにも積極的に取り組んでいるホテルですよ!

カミヤマ:東京駅から踊り子号に乗って2時間半で行けるみたい・・一本で行けるのは良いよね

むーさん:良いと思います!

ということで、行先は伊豆熱川の熱川プリンスホテルに即決しました。
熱川プリンスホテル【公式】|個性豊かな12の湯舟と天空露天風呂

熱川プリンスホテル【公式】|個性豊かな12の湯舟と天空露天風呂

熱川プリンスホテル【公式】|個性豊かな12の湯舟と天空露天風呂

伊豆熱川温泉にある熱川プリンスホテルの公式サイト。熱川温泉の高台に位置し、海と温泉街を見渡す眺望。開放感あふれ、空と海との一体感が味わえる屋上露天風呂が自慢。さまざまなシーンでご利用いただける温泉リゾート。

スケジュールを組んだ

日程は、3人の予定を見つつ、ゴールデンウィーク直前の4/27(木)・28(金)の一泊二日に決定!
ということで、行先と日程が決まった時点でスケジュールを組みました。

・すでに会議が入っていたりもするので、そこは空いている大人がカバーする前提で
・皆で遊びに行く時間を取る
・3人での編集会議にもチャレンジする
 (14578)
カミヤマ:スケジュールを見る限り、2日目の「ヨガ体験」のところがヤマだな・・(笑)

ゆーさん:ヨガのあと、バナナワニ園で仕事ができるのかというのも未知数ですね

むーさん:初日の3人での会議も成立しますかね(笑)

カミヤマ:どうだろ・・まあ、無理なら無理で、臨機応変に行きましょう。安全第一で!


ということで、あとは気合と根性でなんとかなるだろうということになりました・・
果たして仕事ははかどるのか?バケーションを楽しむ余裕はあるのか??子供たちは喜んでくれるのか???

血沸き肉躍る、次回実践編をお楽しみに!!
続きはこちら↓
子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<②実践編> -

子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<②実践編> -

子連れでワーケーションなんて無理?3家族で親子ワーケーションに行ってみた!<②実践編> -

 リモートワークが普通になったことで可能になった働き方、「ワーケーション」。でも、働き盛りのご家庭には、小さなお子さんがいるケースも多いですよね。そこで・・在宅百貨メンバーで、親子ワーケーションに行ってみよう!という話が持ち上がりました。思い立ったが吉日、考えるより行動に移すのが在宅百貨の良いところ。3歳・4歳・5歳の子供達を連れてのワーケーション、果たして成立するのでしょうか!?

RELATED ARTICLES関連記事

在宅冒険家 vol.5 : 元WOWOWアナが「話す場がない」コロナ禍を経て感じたテレワーク、ワーケーションの可能性

在宅冒険家2023.12.15

在宅冒険家 vol.5 : 元WOWOWアナが「話す場がない」コロナ禍を経て感じたテレワーク、ワーケーションの可能性

各界で活躍する方々のテレワーク、ワーケーション&ライフを深掘りする「在宅冒険家」。 今回は元WOWOWアナウンサーで、2014年には錦織圭選手の全米オープン準優勝の中継を担当した木村英里さんにインタビュー。 木村さんはコロナ禍以降、テレワークやワーケーションを大きく取り入れた働き方にシフトチェンジ。そのワークスタイルの変化や、そもそもコロナ禍の中で感じた等身大の葛藤についてお話を聞きました。