【ワーケーション × 生活改善】ファスティングしながらワーケーション!中編

【ワーケーション × 生活改善】ファスティングしながらワーケーション!中編

在宅百貨編集部員が、オフィスと自宅以外のさまざまなサードプレイスに潜入し、その様子をリポートします! 今回は、ワーケーションにチャレンジしたリポートをぜひご覧ください!

みなさんこんにちは! 在宅百貨編集部員の

ホンマです!

イワオカです!

キタです!

前回の記事「【ワーケーション × 生活改善】
ファスティングしながらワーケーション!」前編につづく中編になります!
前編の記事はこちら!
【ワーケーション × 生活改善】 ファスティングしながらワーケーション!前編 -

【ワーケーション × 生活改善】 ファスティングしながらワーケーション!前編 -

【ワーケーション × 生活改善】 ファスティングしながらワーケーション!前編 -

在宅百貨編集部員が、オフィスと自宅以外のさまざまなサードプレイスに潜入し、
その様子をリポートします!
今回は、ワーケーションにチャレンジしたリポートをぜひご覧ください!

2日目は無料アクティビティやアイウェルネス伊豆高原についてのインタビューなど盛り沢山!!
そしてなにより、私たちは空腹に耐えられたのか...!?
ぜひご一読ください!

【2日目】スタート

2日目は、午前8時から朝の体操ととっても健康的にスタートです!
少し空腹を感じながらも、太陽の光が入る明るい部屋で身体を動かすとスッキリ!
いつも寝起きはダラダラしてしまいますが、こういう朝の過ごし方をすると、その日の作業効率UPになりそうかも...!
なんて感じながら朝の体操を終えた私たち。
 (16919)
もう少ししたらいよいよ回復食...!
それを楽しみにしばしそれまで各自部屋に戻ってお仕事です。

そして待ちに待ったファスティング明け最初の回復食はこちら!
じゃーーーん!!
 (16917)
おかゆとお味噌汁、梅干しと、野菜ジュースのシャーベット。
どれも薄味とのことでしたが、味覚が敏感になっているからか、しっかりと味を感じることができました。
いや~断食明けのごはんは染みましたね~。
普段は絶対足りない量なのに、ゆっくり味わっておなかいっぱいになりました◎

と、おなかも心も満たされ、よし!仕事頑張るぞ!と気合が入ったところで、
またまたそれぞれの自室に戻り、テレワーク再開です。
自室は窓も大きく、日中はよく光が入るので、快適に仕事ができました◎
(すぐ隣にベッドがあるのだけは戦いでしたが...
 ただこれは部屋ごとにレイアウトが異なるようで、他の隊員の部屋はこの誘惑はありませんでした。笑)
 (16915)
~~~カタカタカタ~~~
しばらくは仕事に集中できていたものの、突然襲ってくる空腹。。
酵母ジュースのみだった初日の方が食べていなかったはずなのに、
久々にごはんを食べたことで胃が刺激されたのか、回復食後の方がお腹が空いてきて辛くなるという現象...
初日の食事なし期間にそこまで苦戦していなかった私たちは、ここにきて急遽空腹と戦うこととなりました笑。
食事なしよりも回復食期間の方が難しいというのは新たな発見でした...!
ですが!そんな戦いの時間に、辛い気持ちを紛らわしてくれるちょうど良いプログラムを
アイウェルネス伊豆高原さんは用意してくださっているんです...!

無料アクティビティ

ではここからは、我々が受けた無料アクティビティをご紹介!
①気功 エクササイズ
 (16911)
自分自身で身体や心を整えていくエクササイズです。
シンプルでゆっくりな動きを繰り返すので、無に近い状態になることができ心落ち着く時間を過ごせました◎
(たまにごはんや仕事のことが頭をよぎる瞬間もなくはありませんでしたが...笑)
②マット ピラティス
 (16908)
「健康的にスリムになりたい」「ムリはしたくない」という人にピッタリのエクササイズです。
なかなかに体幹を使うポーズも多く、すぐに身体がポカポカし、最後は手足がプルプルいってました...笑

この無料アクティビティは曜日ごとに決まっており、私たちが体験したこの2つ以外にも、
つり橋に行く自然探索や、陶芸体験など、幅広いラインナップとなっていました。
これは他の曜日でまた行きたくなりますね...!

アイウェルネス伊豆高原についてインタビュー

アクティビティで少し気持ちが和らいだ私たちは、また少しお仕事をはさんだ後、
支配人の皆川さんにインタビューをさせていただけることになりました!
このアイウェルネス伊豆高原に7年前から勤務されているという皆川さん。
色々なお話を聞かせてくださいました...!
 (16904)
―――この施設はどのようにしてファスティング施設となったのですか?
皆川さん 施設としては1970年に故馬淵通夫医師により、病院の保養施設「みどり会保養所」としてスタートしました。ここでは、西洋医学だけでなく、東洋医学も取り入れた総合医学として、①自分の健康は自分でつくる②自然の法則にしたがって生きる③気(心)・血(栄養)・動(運動)のバランス、の3つのスローガンを基に運営しておりました。当時は全国の他の病院では治らないと言われた多くの難病患者の方がみどり会保養所を訪れ、馬淵医師指導のもと、断食と食事療法で健康を取り戻しました。その後、1973年に「伊豆健康センター」を創設し、断食を中心としたファスティング施設としてスタートし、さらに2009年に「アイウェルネス伊豆高原」に改名を行い、今のかたちの滞在型ウェルネス施設となり、現在に至ります。
―――なるほど、最初はファスティングは療法のひとつとして取り入れられていたのですね...!ところで、断食は痩せるというイメージはあるのですが、その他の効果はどのようなものがあるのですか?
皆川さん 実はダイエット以外にも色々な効果があるんです!有害物質や老廃物の排出によるデトックス効果、血液の浄化、内蔵の休養、免疫力の向上、太りにくい体質をつくる、などなど...その他、思考力の向上も期待できます。
―――そんなに色々な効果が...!ワーケーションを終えた後が楽しみだね...!(キラキラした目を合わせてうなずき合うわたしたち笑) では、どのような利用者が多いですか?
皆川さん 人数としては1人でいらっしゃる方が多く、その中にはリピーターさんも多いですね。男女比としては3:7くらいで女性の方が多く、その中でも、普段ハードに働いており、心身リフレッシュも兼ねて来られる40~50代の女性が特に多いイメージがございます。
―――その中にはやはり私たちのようにワーケーションで来られる方もいらっしゃいますか?
皆川さん 全体の10~12%くらいですかね。ワーケーションで来られているお客様の中には、それこそプログラムは全く参加されず、朝から夜まで自室でお仕事をされ、食事の際だけ出て来られる方もいらっしゃいます。その辺りは自由に過ごしていただけるこの施設だからこそ、ワーケーションにもご利用いただけているのではないかと思います。
―――なるほど...!たしかに私たちも、程よくリフレッシュを挟みながらも、それぞれのmtgやワークなどに合わせてしっかり仕事が出来てますもんね...!他の利用者からは実際にどのようなお声がありますか?
皆川さん やはり「自由度が高い」ところは非常に気に入っていただけているようです。プログラムに参加してもよし、近くに観光場所も多いのでお出かけしてもよし、それこそ自室にてお仕事などでお過ごしになってもよし。お客さまもそれぞれ、本当に様々な過ごし方をされていらっしゃいます。あとは、有難いことに「スタッフの親切さ」というお声もいただきますね。実際、私たちもちょうど良いキョリ感を保つこと、また送迎や緊急のお声含め、対応力の部分は強く意識しておりますので、このように言っていただけることはとても嬉しく思っております。また、「個室」であることもポイントのようです。今までのファスティング施設は相部屋が基本でしたので...
―――たしかに、送り迎えの時間を合わせてくださったり、回復食とmtgが重なってしまった際は食事を部屋まで持ってきてくださったり、臨機応変に対応いただけて、この2日間弱の間だけでも既に大変有難さ感じてます...!今回私たちは2泊3日ですが、よく利用される宿泊数はどのくらいなのでしょうか...?
皆川さん やはり初めての方はファスティング体験として、みなさまと同じように2泊でのご利用が多いですね。全体での平均は3~4泊になるかと思います。ちなみに、馬淵先生のお勧めは3日断食・3日補食の6泊です。このくらいの日数経験していただくと、滞在期間中にかなりデトックス効果まで体感できるように思われます。
―――6泊...!長いですね、耐えられる気がしない...苦笑。でもいつか挑戦してみたいです...!ちなみに、この後も自宅で挑戦したり、定期的に続けられたらな~と思うのですが、おすすめの断食の頻度などはありますか...?
皆川さん やはり定期的に来られる方も多いですが、頻度は年に1回という方から月1回、3ヵ月に1回と人によって様々です。こちらに来られなくても、自宅で断食を取り入れられている方もいます。また、最近はプチ断食も流行っていますね。特に「16時間断食」は、8時間で食事をし、残りの16時間は何も摂らないという断食法なので、気楽に取り入れやすく、挑戦してる方も多いですね。
 (16889)
―――なるほど・・・!!たしかにそれなら取り入れやすそう...せっかくだから今回を無駄にしないためにも、無理のない範囲で挑戦してみたいと思います!
アイウェルネス伊豆高原さんは、断食をする場を提供するだけでなくて、
スタッフの方々の優しさであったり、充実したプログラム・器具などを整えてくださっているからこそ、
私たちのような初心者からリピーターさんまで、様々な方に利用されているんだなあと感じました。
本日は取材とインタビューにご協力くださり、本当にありがとうございました!

ここでちょっとお散歩休憩

そして気付けば2食目の補食時間まであと45分ほどに...!
ただ、またこれが短いようで長い...

ということで、お散歩休憩をして最後の耐えを凌ぐ作戦に。
徒歩15分ほどしたところにおおなだ海岸という海が見える場所があるとのことで、
お散歩してみることにしました...!
早く海を感じたく、ワクワクしながら歩みを進めているとうっすらと波の音が聞こえてきて...
 (16884)
目の前にズドーンと広がる海が!!
海岸までは降りる時間はありませんでしたが、広い海を見渡せるとっても気持ちのよいスポットでした◎
素敵な一望を眺められるバッチリなポジションにベンチがあり、ゆっくりと腰を据え、しばし沈黙の時間...
たまたま通りかかった優しいおじさまが写真も撮ってくれました◎
(気持ちみんなの笑顔が疲れている気もしますが笑。回復食直前の空腹状態だからですねきっと)
 (16882)
ちなみに、私たちがCMのように手に持って写しているのは水素水
 (16880)
酵母ジュースを飲みきってしまった私たちにとって貴重なお供です。
たくさん飲むことで、空腹がまぎれるだけでなく、身体にもよいということで、
いつでも注いでよいコーナーに置いてくださっていることに大変有難みを感じてました。

と、少し話はそれましたが、帰りは空腹の限界に加え、上り坂だったのもあり、
かなり長い道のりに感じながらも、食を目指し必死に歩みを進めた私たちでした。。

3日目へ続く…

そしてようやくやってまいりました、2回目の回復食。
もうお腹ぺこぺこ過ぎて席に着くスピードが早いのなんの...笑

そんな待ちに待った食事はこちら...!
 (16876)
個人的には、とくにお麩がお汁しみしみで美味しかったのと、
ところてんはつるつるっと麺を食べているようで幸せな気持ちになりました◎
食後はもう少し残ったお仕事をこなし、3日目の普通食を楽しみに、ぐっすりと眠りにつきました...。

3日目は後編の記事に続きます!

RELATED ARTICLES関連記事

在宅冒険家 vol.5 : 元WOWOWアナが「話す場がない」コロナ禍を経て感じたテレワーク、ワーケーションの可能性

在宅冒険家2023.12.15

在宅冒険家 vol.5 : 元WOWOWアナが「話す場がない」コロナ禍を経て感じたテレワーク、ワーケーションの可能性

各界で活躍する方々のテレワーク、ワーケーション&ライフを深掘りする「在宅冒険家」。 今回は元WOWOWアナウンサーで、2014年には錦織圭選手の全米オープン準優勝の中継を担当した木村英里さんにインタビュー。 木村さんはコロナ禍以降、テレワークやワーケーションを大きく取り入れた働き方にシフトチェンジ。そのワークスタイルの変化や、そもそもコロナ禍の中で感じた等身大の葛藤についてお話を聞きました。